ケネディスクール同窓会
(KSG Club of Japan)

Return to the Main Page

これまでハーバード大学ケネディ行政大学院(通称「ケネディスクール」)には、日本から約400人の留学生が学んでいます。ケネディスクール同窓会(KSG Club of Japan)は、ケネディ行政大学院の卒業生の親睦、ネットワーキングと切磋琢磨の場として、それまでの卒業生活動をさらに拡充・発展させる目的で、2003年12月に設立されました。
(ケネディスクール同窓会会則・事務局運営規定は こちら

ケネディスクール同窓会は、 日本における正式なKSG Alumni Associationとして認められています。

KSG Club of Japanのメンバーシップは、ケネディ行政大学院の卒業生、スタッフ、フェローに与えられます。ただしKSG Club of Japanが今後企画する講演会等のイベントの多くは一般公開しております。このホームページを通じて、様々なイベント情報やネットワーキング情報を提供していきたいと考えております。


KSG Club of Japan 役員 KSG Club of Japan 事務局

塩崎 恭久
 衆議院議員
 元内閣官房長官


伊佐山 建志
 カーライル・グループ 会長
丸山 剛司
 内閣官房宇宙開発戦略本部事務局 事務局長代理
蒲島 郁夫
 熊本県知事
 東京大学名誉教授
吉田 慎一
 朝日新聞 常務取締役
幸田 シャーミン
 ジャーナリスト
  【MC/MPA92】

平田 竹男
 早稲田大学教授
牧野 容子
 税理士、米国公認会計士

エズラ ボーゲル
 ハーバード大学名誉教授
竹中 平蔵
 慶應義塾大学教授 グローバルセキュリティ研究所所長
社団法人日本経済研究センター特別顧問
  【ハーバード大学客員准教授 1989】
緒方 貞子
 JJICA理事長(元国連難民高等弁務官)
川島 裕
 宮内庁式部官長(元外務事務次官)
児玉 文雄
 芝浦工業大学大学院教授
仲津 真治
東京電力 顧問
Takenaka
竹中 平蔵 (タケナカ ヘイゾウ)
慶應義塾大学教授
グローバルセキュリティ研究所所長
社団法人日本経済研究センター特別顧問
【ハーバード大学 客員准教授、1989年】





【略歴】
1973年  一橋大学経済学部卒業   
1973年  日本開発銀行入行   
1977年  同設備投資研究所   
1981年  ハーバード大学、ペンシルバニア大学 客員研究員   
1982年  大蔵省財政金融研究所 主任研究官   
1987年  大阪大学経済学部 助教授   
1989年  ハーバード大学 客員准教授   
1989年  国際経済研究所(Institute of International Economics)客員フェロー   
1990年  慶應義塾大学総合政策部 助教授   
1996年  同 教授   
1997年  東京財団(旧 国際研究奨学財団)理事   
1998年  同 常務理事   
1998年  「経済戦略会議」(小渕首相諮問会議)メンバー   
1999年  東京財団(旧 国際研究奨学財団)理事長   
2000年  「IT戦略会議」(森首相諮問機関)メンバー   
2001年  「IT戦略本部」メンバー   
2001年  国務大臣 経済財政政策担当大臣   
2002年  金融担当大臣・経済財政政策担当大臣   
2003年  内閣府特命担当大臣(金融・経済財政政策)   
2004年  参議院議員 
              内閣府特命担当大臣(経済財政政策)
2004年  参議院議員 
              内閣府特命担当大臣(経済財政政策)
2005年  内閣府特命担当大臣(経済財政政策)・郵政民営化担当
2005年  総務大臣・郵政民営化担当
2006年  参議院議員を辞職
2006年  グローバルセキュリティ研究所所長
              社団法人日本経済研究センター特別顧問 (経済学博士)

【著作】
『研究開発と設備投資の経済学』
(東洋経済新報社, 1984, サントリー学芸賞受賞)
『対外不均衡のマクロ分析』
(東洋経済新報社, 1987: エコノミスト賞受賞)
『日米摩擦の経済学』
(日本経済新聞社, 1991)
『日本賢国論』
(電通, 1993)
『日本経済の国際化と企業投資』
(日本評論社, 1993)
『民富論』
(講談社, 1994)
『早い者が勝つ経済』
(PHP, 1998)
『経世済民―経済戦略会議の180日―』
(ダイヤモンド社, 1999)
『ソフト・パワー経済―21世紀の見取り図―』
(PHP, 1999)
『経済ってそういうことだったのか会議』
(日本経済新聞社, 2000)
『みんなの経済学』
(幻冬舎, 2000)
『あしたの経済学』
(幻冬舎, 2003) 他多数

【ホームページ】

 
Return