ハーバード大学 公共政策大学院「ケネディスクール」

   
ビデオ Ask What You Can Do  
Return to the Main Page
検索エンジンから来られた方で、左にメニューとカウンタが表示されていない時は ここをクリックしてください。

ケネディスクールとは      フォーラムイベント      ケネディスクールの歴史      ケネディスクールデータ      関連リンク

ケネディスクールとは



『卒業する君ら全員が、大統領や総理大臣になるわけではない。しかし君らが社会に復帰して、どんな小さな部分でも何らかの仕事を任されたとしたら、その君らが任された世界の小さな部分をよくするよう努力してほしい。一人一人が任された部分が小さなものであっても、一人一人がその小さな部分をよりよく変える努力をすれば、世界全体を変革することができる。幸運を祈る』
(ジョセフ・ナイ前学院長、2003年度ケネディスクール卒業式にて)



『ケネディスクールは「緊張」が多いところである。実務家と学者の間の緊張、専門家とゼネラリストの間の緊張、パブリックセクターとプライベートセクターの間の緊張、出身国間の緊張・・・しかし、われわれがその緊張を解いてしまったら、それは失敗である。必要なことは、クリエイティブな緊張状態を維持することである』
(アルバート・カーネセール前学院長(現UCLA学長))



『(ケネディスクールでは)実務家養成ではなく、リーダー養成と明確に位置づけている。知識先行になりがちな大学院において、これはきわめてユニークである。各授業やその他の活動を通じて、何よりもリーダーとしての人格、人間性の変革など、縦横無尽なものの見方のスキルアップに重きを置いていると感じた』

『数ある公共政策大学院のなかでハーバード大学ケネディ行政大学院(ケネディスクール)が特徴とすることは、この大学院が、
 ・パブリックセクターにおけるリーダーシップ育成
 ・学際性
 ・理論と実践の融合
を強調していることである』

「ハーバード・ケネディスクールでは、何をどう教えているか」より


『君たちこそ世界だ。リアルワールドのイシューをケネディスクールに持ち込んでくれる。学ぶべきは、むしろ大学のほうなのだ』
(マーシャル・ガンツ教授、新たに入学してくる学生を前にして(2002年9月))




ハーバード大学ケネディ行政大学院(通称ケネディスクール、KSG)は、1936年にハーバード大学に設立された公共政策大学院です。これまで米国はじめ、世界中に多くのパブリック・サーバントを送り出してきました。

設立当初の名称はGraduate School of Public Administration(GSPA)でした。この設立に尽力したLucius N. Littauer(1878年度ハーバード大学卒業生、ニューヨーク州選出下院議員)は以下のように語っています。

公共政策の発展においては、明確かつ明晰な思考が常に求められている。そのような思考は、将来の経済的・政策的問題を確実かつ誠実に解決することができるように高度な訓練を受けた人々によって生み出されるものである。この公共政策大学院は、そのような要求に答えなければならない。
Lucius N. Littauer、1936年"The John F. Kennedy School of Government,; The First Fifty Years"(1986年出版)より

GSPAは1966年に故ジョン・F・ケネディ大統領の名を頂き、John F. Kennedy School of Government(ケネディ行政大学院)となりました。

1995年12月以来ケネディスクールの学院長は、著名な国際政治学者であり、クリントン政権で国防次官補を務めたジョセフ・ナイ(Joseph S. Nye)でしたが、ナイ学院長は2004年6月で学院長を退任、7月からは社会福祉政策で実績のある経済学者のディビッド・T・エルウッド(David T. Ellwood)が務めています。エルウッド学院長もクリントン政権下で厚生省副長官(企画評価局)を務めていました。

他にもケネディスクールでは世界各国の政治・行政経験者が多数教鞭をとっており、理論と実践の第一線を学ぶことができる公共政策大学院として、米国だけでなく、世界的に高い評価を得ています。

注:本同窓会では「John F. Kennedy School of Government」の訳として「ケネディ行政大学院」を使用していますが、他にも「ケネディ政治大学院」、「ケネディ政治行政大学院」、「ケネディ公共政策大学院」などとも訳されています(「ケネディー」という表現もみられます)。

ケネディスクール学院長のプロフィール

    ディビッド・エルウッド学院長    

    ジョセフ・ナイ前学院長    


ケネディスクール・オフィシャルビデオ
(要Real Player)
「25 Years of Public Service」


「Kennedy School Video」



ケネディスクール設置講座
通常ケネディスクールでは、年間約200以上の講座が設けられています(休講講座を除く)。
また、 ハーバード大学の学部・他大学院 の講座や、 MIT タフツ大学フレッチャー校 の講座も受講できます。
コースカタログ一覧はこちら
体験授業(ビデオ)
ケネディスクールのStudioKSG Video Archiveでは、ケネディスクールでの授業の一部が公開されています。


ハーバード大学およびケネディスクール卒業式
2008年度卒業式
2008年6月5日

全ハーバード卒業式VIDEO
(HKSへの学位授与:0:50:30)

HKS卒業式VIDEO

Class Day
バーナンキFRB議長
(1:14:30)

Afternoon exercises
J.K.ローリング
(「ハリーポッター」作者)
(1:00:43)

ケネディスクール招待講演
サーリーフ リベリア大統領
(MPAMC71)
ハーバード大学卒業式ホームページ
ケネディスクール卒業式ニュース:リベリア大統領ジョンソン=サーリーフ(MPAMD71)スピーチ
2007年度卒業式
2007年6月7日

全ハーバード卒業式VIDEO
(KSGへの学位授与:1:58)

KSG卒業式VIDEO

Class Day
(クリントン元大統領スピーチ:1:35)

Afternoon exercises
(ビル・ゲイツ スピーチ:1:50)
ハーバード大学卒業式報告 ケネディスクール卒業式報告
2006年度卒業式
2006年6月8日
(朝)Yard 卒業式VIDEO


(昼)KSG卒業式VIDEO


(ケネディスクール招待スピーカー)
* エラ・バット(Ela Bhatt) (The founder of India's Self-Employed Women's Association (or SEWA))
    ケネディスクール News      Video
Harvard Commenement News (2006)
Harvard Gazette 2005/06.08
Harvard Gazette 2005/06.15
KSG Press Room
2005年度卒業式
2005年6月9日
(朝)Yard 卒業式VIDEO


(昼)KSG卒業式VIDEO


(ケネディスクール招待スピーカー)
* ロメオ・ダレール(Romeo Dallaire) (元ルワンダ国連平和維持部隊 司令官、ドキュメンタリー映画『ホテルルワンダ』(日本未公開)のモデル)
    ケネディスクール News      Video
Harvard Commenement News (2005)
Harvard Gazette 2005/06.09
Harvard Gazette 2005/06.16
KSG Press Room
2004年度卒業式
2004年6月10日
(朝)Yard 卒業式VIDEO(1)

 
(朝)Yard 卒業式VIDEO(2)
(朝)Yard 卒業式VIDEO(3)

(昼)KSG卒業式VIDEO


(ケネディスクール招待スピーカー)
* アマルティア・セン (1998年ノーベル経済学賞受賞者、ハーバード大学教授)
    ケネディスクール News
Harvard Commenement News (2004)
Harvard Gazette 2004/06.17
Harvard Gazette 2004/06.10
KSG Press Room
2003年度卒業式
2003年6月5日
(昼)KSG卒業式VIDEO
Harvard Commenement News (2003)
Harvard Gazette 2003/06.12
Harvard Gazette 2003/06.05
2002年度卒業式
2002年6月5日
Harvard Commenement News (2002)
Harvard Gazette 2002/06.06
2001年度卒業式
2001年6月7日
Harvard Commenement News (2001)
Harvard Gazette 2001/06.14
2000年度卒業式 Harvard Commenement News (2000)
Harvard Gazette 2000/06.08
1999年度卒業式 Harvard Gazette 1999/06.10
1998年度卒業式 Harvard Gazette 1998/06.11
1997年度卒業式 Harvard Gazette 1997/06.12
1996年度卒業式 Harvard Gazette 1996/06.13



フォーラムイベント

ケネディスクール内にある「ジョン・F・ケネディJrフォーラム」では、年間を通じて多彩な講演会やパネルディスカッションが実施されています(年間約60〜80)。

ほとんどの講演は、学生・フェロー・教員だけではなく、一般の人にもオープンとなっています。セキュリティ上の問題がある場合を除いて、講演会・イベント参加には事前登録は不要で、開催時間にフォーラムにあつまるだけで誰でも聴講できます。

講演者は、ハーバード大学やケネディスクールの教授だけではなく、世界中の著名な政治家や研究者、活動家、ノーベル賞受賞者など、多彩なスピーカーが招待されています。最近では、エルバラダイ国際原子力エネルギー機関事務局長、タディッチ セルビア大統領、ペレス イスラエル元首相、シリン・エバディ(2003年ノーベル平和賞受賞者)、ハナン・アシュラウィ(元パレスチナ自治政府高等教育相)などが講演に呼ばれています。

また時の話題の人や議論の渦中の人も多く呼ばれており、ネオコンの代表的論客であるウィリアム・クリストル(The Weekly Standard編集者)やナタン・シャランスキー(イスラエルの閣僚)も講演を行っています。

前回の米国大統領選では、民主党大統領候補全員のインタビューライブがMSNBCと提携して実施され、選挙後には両陣営のキャンペーン担当によるパネルディスカッションも開催されました。

ジョン・F・ケネディJrフォーラムは、様々な世界のキーパーソンから生の話を聞き、また疑問や質問を直接ぶつけることができる貴重な機会を提供しています。

過去のフォーラムイベントは Institute of Politicsのホームページから、 ビデオアーカイブ として見ることができます。またフォーラムイベントが開催されている時間には WEBCASTでライブ中継を見ることもできます。

フォーラムビデオアーカイブ
フォーラムスケジュール

最近のフォーラムイベント

メシッチ クロアチア大統領、タディッチ セルビア大統領

トーマス・シェリング(2006年度ノーベル経済学賞受賞者)

ハタミ 前イラン大統領

サーリーフ リベリア大統領

フィオリーナ 前HP会長

トレド ペルー国大統領

エルバラダイ国際原子力エネルギー機関事務局長(ノーベル平和賞受賞者)

シモン・ペレス(前イスラエル首相、ノーベル平和賞受賞者)
ケネディスクールの歴史

「ハーバード・ケネディスクールでは、何をどう教えているか」より抜粋。
1636年 ハーバード大学設立
1935年 公共政策大学院設立準備委員会(ドッツ委員会)が発足
ルーシャス・N・リッタウアーが、公共政策専門の大学院の必要性をハーバード大学学長ジェイムズ・B・コナントに訴え、200万ドルを寄付する。
コナント学長は、公共政策大学院のあるべき姿を描くため、プリンストン大学学長ハロルド・ドッツを委員長とする準備委員会を設置。
  ドッツ委員会メンバー:
    ハロルド・ドッツ(プリンストン大学、学長)
    レオナルド・D・ホワイト(シカゴ大学、政治学教授)
    ウイリアム・B・ムンロ(カリフルニア工科大学、歴史・行政学教授)
    ワレス・B・ドンハン(ハーバードビジネススクール学院長)
    ハロルド・H・ハーバンク(ハーバード大学経済学部教授)
    モリス・B・ランビー(ハーバード大学政治学部教授)
1936年 Graduate School of Public Administration(GSPA)設立
最初のファカルティは、ハーバード大学の経済学部と政治学部から引き抜かれた。
1937年 最初の入学生を迎える
GSPA入学生は、3〜10年の職業経験を有する行政官を対象にした「リッタウアー・フェロー」(のちのミッドキャリアMPA)。
1940年 MPA(行政修士)を授与
1943年 最初の外国人学生を迎える
1966年 ケネディ行政大学院に改名、政治研究所(IOP)設立
John F. Kennedy School of Governmentに改名。同時に、ケネディ大統領の業績を記念するため、政治研究所(Institute of Politics)をケネディスクール内に設立(最初のリサーチセンター)。
1969年 MPPプログラム設立
1973年 科学・国際関係研究所(後の後にベルファー科学・国際関係研究所)設立
1982年 ビジネス行政センター設立
1999年 MPA/IDプログラム設立


ケネディスクールデータ

 ファカルティ・研究者・スタッフ データ
ファカルティFaculty 130
  教授(テニュア有) Tenured Professors 44
  名誉教授 Emeritus Professors 6
  教授(公職兼務、特任) Public service professors/professors of practice 9
  準教授 Associate professors 15
  助教授 Assistant professors 10
  講師 Lecturers 42
  教授(他のスクールのテニュア有) Tenured professors who hold coordinate appointments in other faculties 4
研究員Research appointments 284
  アソシエイツ Associates 42
  フェロー Fellows 139
  ポスドクフェロー Fellows/post doc, research 59
  客員研究員 Visiting scholars 17
  ティーチング フェロー・アシスタント Teaching fellows/teaching assistants 27
スタッフStaff 462
  教育プログラムスタッフ Teaching programs 110
  研究プログラムスタッフ Research programs 224
  サポートスタッフ Administrative/support 128
   出所:Kennedy School Factbook 2005-2006より)



 在校生データ
1998秋 1999秋 2000秋 2001秋 2002秋 2003秋 2004秋 2005秋
ハーバード大学全体 18,569 18,541 18,847 19,539 19,536 19,690 19,731 19,844
ケネディスクール(公共政策大学院) 728 770 840 881 896 924 954 944
  Master in Public Administration (MPA)
  (2 year*, Mid-Career)
336 359 359 366 369 390 381 348
  Master in Public Administration
  /Int'l Development (MPA/ID)*
59 111 139 148 128 135 142
  Master in Public Policy (MPP)* 370 335 352 350 346 367 407 422
  Master in Public Policy/Urban Planning (MUP);* 15 10 9 14 13 19 16 13
  Ph.D. 7 6 8 12 20 20 17 19
  Doctorate of Public Administration (DPA) 1 1
   注:* 1年目、2年目の合計
   出所:ハーバード大学 ファクトブックより)

日本人留学生:毎年10〜20人程度
(同窓生:延べ約400人程度)


 予算

   出所:Kennedy School Factbook 2005-2006より)


関連リンク
ケネディ行政大学院(ハーバード大学公共政策大学院「ケネディスクール」)ホームページ

ハーバード大学ホームページ

ハーバード大学の組織図(ハーバード大学ホームページより)

ハーバード大学 ファクトブック(ハーバード大学ホームページより)

ハーバード大学 マルチメディア(ハーバード大学ホームページより)


ケネディスクール併設研究機関
(ハーバード大学の他のスクールとのジョイントセンターも含む)
Ash Institute for Democratic Governance and Innovation
Belfer Center for Science and International Affairs (BCSIA)
Carr Center for Human Rights Policy
Center for Business and Government
Center for Ethics and the Professions
Center for International Development at Harvard University
The Center for Public Leadership
The Hauser Center for Nonprofit Organizations
The Institute of Politics
Joan Shorenstein Center on the Press, Politics and Public Policy
Joint Center for Housing Studies
A. Alfred Taubman Center for State and Local Government
Malcolm Wiener Center for Social Policy

Return;